マットレスの基礎知識

マットレスの種類と直置きに最適なタイプを解説!

更新日:

マットレスの種類

自分に合っているマットレスを見つけるには、マットレスの種類と特徴を知る必要があります。

なんとなく、ぼんやりとは分かるけど詳しくは知らない、という人も多いのではないでしょうか。

しかし、少なくとも自分の用途に合ったマットレスを知っておかないと、健康とお金、それまでに掛かった時間を失うことになってしまいます。

よくある失敗

「通気性が悪くてカビが生えやすいタイプだった」
「床に直置きしようとしたら対応していなかった」
「腰痛持ちだったけど、雰囲気で買ったら症状がさらに悪化した」

などなど、このような失敗がないように、ここではマットレスの種類別の特徴や用途別のポイントを解説します。

この機会にマットレスの種類と特徴を知り、自分にぴったりのマットレスを見つけて快適な眠りを手に入れましょう!

関連記事
モットンに寝る女性
直置き対応マットレス「モットン」は腰痛効果あり!?口コミ評判は?

モットンは株式会社グリボーという会社によって販売されている高反発マットレス。 腰痛対策のマットレスとして有名ですが、 ...

はじめにマットレスの種類の基礎知識を知ろう!

コイルタイプとノンコイルタイプ

コイルタイプとノンコイルタイプ

マットレスの種類を大まかに分けると次の2種類と、その中からいくつかに分れます。

スプリングマットレス

  • ボンネルコイルマットレス
  • ポケットコイルマットレス
  • その他

ノンスプリングマットレス

  • 高反発マットレス
  • 低反発マットレス
  • その他

この2つの大きな違いはマットの弾力をコイルで出すか、コイルではない素材で出すかです。

どちらが良い悪いなどの優劣があるワケではなく、それぞれの用途によって使え分けます。

それでは、マットレスの種類による詳しい違いを見ていきましょう。

 

スプリングマットレスの種類と特徴

スプリングコイル

スプリングコイル

スプリングマットレスはコイルマットレスとも呼ばれる通り、マットレスの中に金属でできたコイル(バネ)を使用しています。

コイルが使われている利点は、強い衝撃に対する反発力があること。コイルとコイルの間に空間ができるため、寝汗や湿気を逃しやすいので通気性がよいことです。

その反面、コイルの揺れによる酔いを感じるひともいます。

また、金属が入っているため軽くてもシングルで10kg以上あるため、手入れや扱いが大変という問題もあり、一般家庭では手に余るという声も聞かれます。

一般普及タイプはボンネルコイルマットレス

ボンネルコイル一般的なホテルやビジネスホテルで業務用として多く採用されているのがボンネルコイルマットレスです。

おそらく多くの方がベッドマットレスといえばイメージされるタイプのものです。

渦巻状のコイルが連結されており、全体が繋がっているため動くと揺れの影響が大きく気になる人もいる。

ボンネルコイルマットレスのメリット

  • 硬めの寝心地で柔らかいのが苦手な人に向いている
  • 面で体が支えられ布団からの移行でも違和感が少ない
  • シングルであれば1万円台からある

ボンネルコイルマットレスのデメリット

  • 振動が全体に伝わるので、2人以上で使うには不向き
  • 安価なものは粗悪品であることが多いので注意が必要

ココがポイント

お手頃な価格で買うことが出来るので、スプリングマットレスを試すのに最適です。寝心地に関してはあまり高望みせず、自宅でホテルの寝心地を手に入れる丁度に考えるのがよいでしょう。

高級志向で高品質ならポケットコイルマットレス

ポケットコイル高級ホテルや高めのお部屋などで採用されており、ボンネルコイルの上位版と位置づける人もいます。

その理由は、コイルが一つ一つ独立した形で作られているため、揺れが少なく体への負担が少ないからです。

ただし高級メーカーのものなら10万円台もざらで、お財布の負担は大きいです・・・。

安いものはシングルで3万円台からありますが、1年程で中のバネが弱まり使い物にならなくなることが多いようです。少なくてもシングルで5万円台以上のものを購入したいですね。

ポケットコイルマットレスのメリット

  • 柔らかめでの寝心地で硬いのが苦手な人に良い
  • 体を点で支えるため、揺れが少ない
  • 高級なものであれば10年以上は持ち、耐久性が抜群

ポケットコイルマットレスのデメリット

  • 値段が高く、3万円以下のものは壊れやすい傾向にある
  • 20kg前後とかなり重く扱いにくいので、一般家庭では厳しい面も

ココがポイント

値段は気にせず、最高の寝心地を味わってみたい!という方におすすめです。揺れが少なく寝返りも気にならないので2人以上の使用に最適です。

通向けの高密度スプリングマットレス

ハイカウントとも呼ばれる高密度スプリングマットレスは、その名の通りコイルが通常のものより多く使わていてます。

一般的にはあまり見かけないタイプですが、見かけた時のために知っておくと良いでしょう。

高密度スプリングマットレスの特徴

  • ボンネルコイルやポケットコイルよりも硬い
  • 布団に近い寝心地でお年寄りでも違和感がない
  • 普通のコイルマットレスでは沈んでしまう体重が重いひとに向いている

ココがポイント

柔らかいことに不都合があり、なおかつマットレスでなければいけない。といった目的がハッキリしている場合であればおすすめのタイプです。そうでなければ、あえて選ぶ必要もないと言えます。

スプリングマットレスの詳しい定義については、以下をご覧ください。

 

ノンスプリングマットレスの種類と特徴

ノンスプリングマットレス

ノンスプリングマットレスの感触

ノンスプリングマットレスはフォームマットレスとも呼ばれます。

ホテルなどの普及はスプリングマットレスの方が多いですが、家庭用としては数年前からこちらのノンスプリングタイプの方が利用者が増えています。
人気の理由は、軽さや手入れのしやすさに加え、価格の割に品質が良いということもあるでしょう。

金属を使わないことで環境にもやさしくエコな点、金属アレルギーや体の不調が金属によるものだと感じる人でも安心して使える。といったことも理由の1つと言えます。

使われる素材としてメジャーなものは、ウレタン素材やラテックス素材。

ウレタンはクセが少なく幅広い用途で使われますが、ラテックス素材のものは注意が必要です。

ラテックスはゴム由来成分のためカビや雑菌に強いのですが、ゴムアレルギーや臭いが気になるケースがあり好みが分かれるからです。

ここではウレタン素材を前提としてタイプ別に特徴を解説していきます。

高反発マットレスの人気の理由はバランスの良さ

高反発マットレス硬さは布団に近く、違和感が少なく使えます。感触としてはグミのようにグニュとしています。

金属が入っていないのため軽量で、扱いやすく、洗濯やクリーニングも難しくありません。

寝心地はスプリングマットレスと同じくらい快適であるにも関わらず、値段はその半分以下で買い求めることができるのが良い点です。

ただし、1万円前後のものは寝心地や使用感が悪いだけでなく、耐久性も1年程度と考えてください。特に硬質ウレタンフォーム素材のものがそれに該当しやすい(中には良質なものもあります)。

高反発マットレスのメリット

軽量で掃除時や洗濯時なども扱いやすい
値段がお手頃で3万円程で良いものが変える

高反発マットレスのデメリット

幅広い価格帯で売られており1万円前後では粗悪品が多い
通気性が悪いものがあり、カビが生えやすい

ココがポイント

寝心地、値段、手入れのしやすさからおすすめですが、通気性によるカビの問題があります。カビの発生を抑えるには、モットンなどの通気性が良い品質の高いもを選びましょう。

カビにも強い直置き対応の高反発マットレス - モットン

柔らかさを求めるなら低反発マットレス!

低反発マットレスホールド感がある柔らかさが特徴の低反発フォームマットレス。ふわふわした感触で、沈み込むような寝心地を味わうことが出来ます。

しかし、体が包み込まれるので夏などは暑く感じることも。また、利用者の一部からは、体の屈折した部分に体重がかかるので体への負担が増えるという意見も聞かれます。
おそらく体型やブランドによる品質差が大きい部分もあるのでしょう。そのため、可能であれば店舗で実際に触ってみたり試しに寝てみるのが良いでしょう。

高反発マットレスと同じく、通気性に難がある商品もあるので「通気性が良い」と言った特徴があるものの方がカビが生えづらい。

低反発マットレスのメリット

柔らかさを求めるひとにはベストな商品
軽いものが多く、扱いやすい

低反発マットレスのデメリット

柔らかい分、体の屈折部の負担が大きい
通気性が悪いものがあり、カビに注意

ココがポイント

柔らかさを求めている人にはうってつけです。しかし、クセがあるためブランド品以外を購入する場合は、店舗などに触りにいくことをおすすめします。

低反発マットレスを取り扱うおすすめブランド - テンピュール

その他のマットレス・ベッド

一般的なマットレスとは異なりますが、あなたの用途に合うものがあるかもしれませんので、ご確認ください。

高反発ファイバーマットレス

中に太い糸くらいの樹皮繊維を絡み合わせた、まるで鳥の巣のような仕組みのマットレス。

通気性が良く、夏に涼しく快適です。

その反面、低い場所や床に直置きする場合には保温性の確保に難があります。そのため、単体で使うと言うよりマットレスや布団の上に重ねて使うもの多い。

寝心地は高反発マットレスのウレタンより少し硬めと考えて良いでしょう。

エアーマットレス・ベッド

浮き輪のように空気の出し入れできるので、持ち運びに便利なのが特徴です。

自宅で使う場合は、電動式で空気を入れるのが主流。空気を自力で入れるタイプは、キャンプなどのアウトドアで簡易的なベッドとして使われることが多い。

ウォーターベッド

水で体を支えるため独特な寝心地を味わえ、コアなファンもいます。水を冷やしたり温めたりして温度の調整ができるタイプも。

実用的なものの値段は30万円以上と高価であるため、興味本位で買うにはリスクが高すぎると言えます。

 

マットトレスの種類と直置きに最適なタイプのまとめ

マットレスの種類によって使い心地や使い勝手が違い、その特徴を知ることで自分の用途にあったマットレスを選ぶことができます。

  ボンネルコイル ポケットコイル 高反発マットレス 低反発マットレス
寝心地 硬め 柔らかめ 硬め 柔らかめ
通気性 良い 良い 商品による 良くない
揺れ 大きめ 少ない 少ない 少ない
耐圧分散性 低め 高め 低め 高め

※耐圧分散性=体重にかかる負荷が、部分〜全体の範囲でどれだけ分散されているか。

これらを目安に、購入の参考にお役立てください。

もっと詳しく

-マットレスの基礎知識
-

Copyright© マットレス直置き化計画 , 2019 All Rights Reserved.